情報コーナー / ブログ

よもやよもやだ・・・

青葉店

2020/10/29

6月終息説、紫外線に弱いから夏には治まる説、

数々の予測を覆した新型コロナウイルス。

30年後の教科書には間違いなく、「2020年はコロナの年」と記されるであろう1年となりましたね。

 

 

去年の今ごろ、よもやこんな1年になろうとは思ってもみませんでしたね。

 

報道も減り、国の政策により、少しずつ人々の移動は緩和されてきたものの、日本では毎日500~600人の新規感染者がでています。

 

 

生活様式は様変わりし、外出時のマスクは当たりまえ、どの施設にも入り口には消毒液が設置されるようになりました。

更に従業員と顧客の間にはビニールカーテンやアクリル板が幅を利かせ、ビュッフェレストランは手袋を着用し、運動会や文化祭は入場者制限と体温チェック、おしゃれな服屋さんにまでマスク(マウスカバー)が陳列している・・・・

 

ちょっと前まで、「え~そんなことまでしなきゃいけないの?」と言っていたのが、今や当たり前になって、だんだんそれらに対し違和感がなくなっている自分がいます。

 

●クドナルドが東京に初出店したころ、「飲食しながら歩くなんてみっともない」

携帯電話が出始めたころ、「あの人、外で歩きながら1人でしゃべっていて恥ずかしくないのかな?」

「私にはスマホなんて必要ない!」

と言明していたラストサムライは今いずこに・・・(*ノωノ)アナガアッタラ

 

たくさん生まれてきた 新しい常識

 

新しい常識と言えば、とも薬局では空気清浄機をリニューアルいたしました。(。-`ω-)キラン

空気清浄機は今までもありましたが、今回はコロナに対抗して、屋内を燻蒸(くんじょう)する機能のある空気清浄機です。

くんじょう?( ˘•ω•˘ )? いぶす・・・?

そう、こちらはオゾン(O3)を発生させ、その酸化力を利用して施設内を除菌するという仕組みです。

まあ、簡単に言うと、ゴキブリ退治のためにバル●ンを焚く・・・あんな感じです。

 

しかし、オゾンの除菌力は強力でありますが、オゾン自体、人体に無害なわけではありません。

ですので、オゾン燻蒸(くんじょう)は薬局の営業が終了し、職員が皆帰宅する時にタイマーをセットして行います。

そうすると、朝、出勤してきたときにはスッキリ除菌が終わっているという仕組みです。(*’▽’)スゴイ

ますます患者様にも安心して薬局をご利用いただけるというわけです。

 

ほんと、コロナの流行が無かったら、設置することはまずありえなかった機械。

これも、そのうち「え?当たり前じゃんそんなの」ってなっていくのでしょうか。

 

 

いよいよ冬がやってきます。

医療機関で懸念されているのがコロナとインフルエンザの同時流行です(;´・ω・)

症状が酷似ているためどんな冬になるか心配なところです。

 

 

暗いニュースが続きますが、そんな中であっても、某映画の空前のヒットは大したものですね。

コロナなんか関係ない観客動員数で、記録を塗り替え続けてるまさにエンタメ界の救世主!

 

よもやよもやです。

 

楽しい話題に飢えているので、こういったニュースはなんだかうれしくなります。

私は観ていませんが、興行収入300億円いくといいですね。

 

 

もうすぐハロウィン。

感染対策もしっかりおこなったうえで、楽しいことはしたいものですね!

ね!