情報コーナー / ブログ

点鼻薬の正しい使い方

大島町店

2021/03/04

今年も花粉症の時期がやってきましたね!!

九州では去年より少ないそうですが、症状が出る人にとっては辛い時期ですよね(>_<)

 

トモ薬局でも目薬や点鼻薬の処方が多くなっています。

大体の方は毎年のように使用していて、点鼻薬の使い方をよく理解されているようですが、

今一度おさらいしてみましょう!

 

①まず、点鼻薬を使う前に鼻をかんでおきましょう。

②キャップをはずし、容器を縦によく振ります。

③霧状に薬が出るまで、何回か空打ちをします。

④頭をうつむき加減にし、片方の鼻の穴をふさぎ、もう一方の鼻の穴に容器の先を立てて入れ、息を軽く吸いながら噴霧しましょう。
もう一方の鼻にも同じようにしてください。

 

 

※注意※ 鼻詰まりの原因は鼻の奥の方にあるので息を軽く吸うのがポイントです! ただし勢いよく吸うとむせてしまうので軽く吸いましょう。

※注意その2※ 上を向いた状態で吸うと、同様にむせてしまうので少しうつむいて吸いましょう。

⑤薬を鼻の奥まで行きわたらせるために、数秒間上を向いて、鼻からゆっくり呼吸をしましょう。

⑥使用後は容器の先端を拭き取りキャップをして保管して下さい。

 

コロナもまだまだ全国的に流行していますし、まだまだマスクが手放せませんね(>_<)

花粉症も辛い時期ですがお薬とうまく付き合って乗り越えていきましょう!